日本美術の伝承と振興
九曜
アートプロジェクト
一般社団法人九曜アートプロジェクトは、
日本美術の魅力を後世に伝え、文化芸術および
社会教育の振興を高めることを目的として、
アーティストによる襖絵、屏風画、漆絵、
水墨画などの制作支援をはじめ、作品の広報、
公開および展示、保管あるいはメンテナンス、
講演活動などを支える事業を行っています。
2013年春、水墨で描いた京都の「春」と「秋」の
風景16面を建仁寺塔頭正伝永源院へ奉納、
同4月に建仁寺の特別展にて一般公開されました。
その後、続作となる「夏」と「冬」の風景8面を
当プロジェクトの支援により手掛け、奉納。
2014年4月には全24面を「四季山水図」と題し、
お披露目しました。
 
現在は、2019年春、奈良薬師寺慈恩殿に奉納する、
襖・壁面あわせて六十面に及ぶ
壮大な制作に取り掛かっています。
これらの作品は奉納先にて一般に公開される機会も
あります。
細川護熙さんと一緒に、
障壁画を残そう
このたび細川護熙氏が薬師寺慈恩殿の
襖絵ならびに壁画を制作することとなりました。
2017年春に、まず内陣の障壁画40面が、
その2年後には残りの障壁画が収まる予定です。
制作日数は約5年。その壁面の総数は内陣、
外陣合わせると約60面にも及ぶ、
大掛かりなプロジェクトです。
この障壁画を後世に残し伝えていくため、
皆様方からの下貼り用紙ご寄進による
参加方法をご紹介いたします。


障壁画下貼り用紙の記入方法
1.ご寄進一枚3,000円。
(複数枚も喜んでお受けいたします)
2.下貼り用紙中央に描かれた蓮の左側「為」の
 下に願文(お願いごと)をお添えください。
3.「願主」の下には皆様のお名前を
 ご記入ください。
 社名・団体名の記入も可能です。
※宗教・宗派を問わず、どなたでもご参加できます。

連絡先「九曜アートプロジェクト」TEL:03-6435-9194

展覧会のお知らせ


薬師寺奉納障壁画展

[日時]
平成30年10月6日(土)~11月18日(日)

[開館時間]
9:30~17:15(入館は16:45まで)

[入場料]
一般700円 大学生500円

[会場]
熊本県立美術館(本館)別棟展示室(月曜休館)
〒860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸2番
Tel:096-352-2111

[主催]
熊本日日新聞社

[共催]
熊本県立美術館・公益財団法人永青文庫

[後援]
熊本県文化協会

[協力]
一般社団法人九曜アートプロジェクト

[協賛]
鶴屋・出水神社

不昧公200年祭記念
細川護熙「美の世界」
薬師寺奉納障壁画と茶陶

[日時]
平成30年12月7日(金)~1月14日(月)

[開館時間]
8:30~17:00(入館は16:30まで)

[入場料]
大人1000円 小中高500円

[会場]
松江歴史館(第3木曜休館)
〒690-0887 島根県松江市殿町279番地
Tel:0852-32-1607

[主催]
山陰中央新報社

[協力]
一般社団法人九曜アートプロジェクト
法相宗大本山薬師寺

プレナス東京本社 壁画「棚田の四季」

『棚田の四季』公式ホームページ