晴耕雨読
湯河原だより
湯河原の地で、やきものを始めてから今年で23年。
昨年は、新型コロナウィルスの影響で
延期といたしましたが、
京都での20回目の節目となる展覧会を迎えます。
まずは、長い間ご尽力いただいてまいりました
古美術柳孝さまの皆さまはじめ、
壺中居さま、会場へお運びいただきました方々へ、
心より御礼を申し上げます。
またこのような時期ですが、
作品を披露できますことに心から感謝申し上げます。
60歳を機に政界を退いてから
やきもの制作を続けてきましたが、
今では、水墨画、漆絵、書画など
楽しみの幅が広がっています。
今春には、京都最初の禅寺、大本山建仁寺へ
襖絵「瀟湘八景図」24枚を奉納させていただきました。
2012年には、私の始祖にあたる
細川頼有が祀られている建仁寺塔頭の正伝永源院へも、
襖絵「四季山水図」24枚を
奉納させていただいております。
これからも、襖絵などを通じて、
日本の文化と精神を伝えていきたいと
願いながら、制作に取り組んでまいります。
2021年4月
細川護熙

展覧会のお知らせ


細川護熙展

2021年4月22日(木)~4月25日(日)

11:00~16:00






細川護熙展(終了)

2020年9月14日(月)~9月19日(土)

11:00~17:00






細川護熙展(終了)

2019年11月2日(土)~11月4日(月)

10:00~17:00